バリアフリー

リフォーム家屋果たしてバリアフリーは本当に住みやすいか?

住宅のリフォームはさまざまな種類がありますし、その規模も様々です。
例えば、部屋のフローリングや壁紙を替えるだけでもリフォームと言えますし、間取りを変更したり、水回りの場所を移動したり、二世帯住宅にすることもリフォームになります。
その中で、最近注目されている家屋のリフォームは、バリアフリーになります。
バリアフリーとは、部屋と部屋のつなぎ目の段差をなくしたり、お風呂場や階段に手すりを付けて転倒防止をすることを言います。
バリアフリーは、高齢化社会になってきたときから注目され始めました。
65歳以上の老人がいる住宅も多いのです。
今現在老人がいなくても50歳の夫婦であれば15年も経過すれば老人になりますので、やはりバリアフリーは重要ということが出来ます。
ただ、将来自分達が老人になる前にバリアフリーにしようとしても、なかなか思ったようにはいきません。
例えば、お風呂場の手すりを付ける場合も、実際に必要のない位置に付けてしまうこともあるからです。
そのような齟齬が生じなければ住みやすいでしょう。

住宅のリフォームについて書いてみました

住宅のリフォームと建て替えはどちらがいいでしょうか。
かつての日本家屋は住宅をリフォームするという考え方は少なく、戦後の住宅は40年ぐらい経過すると、思い切って建て替えをすることが多かったのです。
ところが、最近は、建て替えをする家も依然ありますが、リフォームをする家が多くなって来たのです。
なぜ建て替えは減ったのでしょうか。
その理由の1つは、お金がかかるからです。
建て替えをする場合には、家全体を新しくする必要があります。
ですが、躯体を調べて見ると、意外にもまだまだ長期的に使える家が多いのです。
それならば、わざわざ使える躯体を解体するよりも、躯体をそのままにしてそれ以外の部分を新しくする方がいいと言うわけです。
次に、環境の問題があります。
躯体がまだ使える場合、解体をしてしまうと、また樹木を伐採して、新しい躯体を作らなければなりません。
ですが、リフォームであれば樹木を無駄使いする可能性は減ります。

おすすめWEBサイト 5選

五月人形を飾る
http://www.k-doll.co.jp/gogatsu/

最終更新日:2016/12/8